子供英会話教師まであと少し!

ちょっと前から仕事と英会話教室と同時進行してきた子供英会話教師の通信講座がついに終了しました。よくよく考えてみると、毎日仕事をして、英会話教室に通ってその宿題もして、そして通信講座と、自分でもよく頑張ったと思います。

子供英会話教師になるためには、就職先によっては特別な資格は必要ない場合もありますが、自分で勉強しておくと、実際に教える時に役に立つのではないかと思っています。まだ今の職場には何も言っていないのですが、少しずつ子供英会話教師の求人探しを始めてみようと思っています。できれば4月からスタートできるようなものが見つかると良いのですが。

転職が完了すれば、それからは仕事と英会話教室だけになるので、日々の生活もかなり楽になるはずです。英会話教室は家での仕事も多いと聞くのですが、今の職場に比べたら職場での労働時間が短くなるはずなので、れはそれで良しとしようと思います。

これからの求人探しもまた楽しみです。

いろえんぴつ

北米でのバレンタインの話

今日はバレンタイン前の最後の英会話レッスンでした。ということで、英会話のネタにもなるので、小さいなチョコレートをもって行きました。すると、なんと、レッスンでは私もチョコレートをもらうことができました!(もちろんギリですが苦笑)

日本では、女性が男性に告白する日として、ギリも含めて女性から男性にチョコレートを渡しますね。しかし、北米では、男性から女性にチョコレートを渡したり、花束を渡したりするそうなのです。バレンタインの日に男性から花束なんてもらえたら嬉しいですね。女性の私は、バレンタインには北米に行きたい!なんて考えてしまうのですが、男性である先生は、日本にいれば女性からチョコレートをもらうことができるから日本の方がいい!と言っていました笑。

バレンタインは、誰にチョコレートをあげるかは日本でも人それぞれかもしれませんが、私は男女関係なく、中の良い友達に小さなチョコレートをあげたり、お世話になっている上司や同僚にもギリチョコを用意したりします。友達や同僚も同じような感じなので、友達から小さなチョコレートをもらうこともあります。誰かに小さな何かをあげて幸せをシェアできる日。気持ちも思わずほっこりしますね。

チョコレート