忙しくてもできる勉強法

英語の勉強はしたいけれど、仕事が忙しくて勉強の時間が取れないという人、家に帰ってからでは疲れてs待って勉強が手につかない、という人、いるのではないでしょうか。その中の一人が私でもあります。今は転職ということもあって、退職の手続きと新しい仕事の準備と、通っている英会話教室のことで、かなり手いっぱいな状態です。

日々の生活の中で大事なことは、勉強よりもまずは健康です。仕事が忙しい時は特に、からだを休めることが大切。なので、そんな時には家に帰ったら英語の勉強のことは忘れて、しっかり食事をとって、ゆったりとお風呂に入って、しっかりと睡眠をとります。そして次の朝元気に起きて一日をのりきります。

気になる勉強の時間は、忙しい時には自分が活動している時間を利用して、電車の中や休憩の時間、ランチを食べながら、朝食を食べながらの時間に単語を覚えたり、英文を読むようにすると、忙しい中でも無理なく英語の勉強も続けることができるのです。

英文

転職の準備

5月から正式に転職が決まり、夢の子供英会話教師もあと2週間ほどでスタートします。そんなこともあり、4月は退職手続きと、新しい仕事の準備に追われています。

退職手続きに必要なことは、まずは退職願と引継ぎの相談、保険の解約やデスク周りの片づけ、返さなくてはいけないものもいろいろとあるので早めに身の回りの整理を始めています。

新しい仕事の方は、転職後に受け持つ子供たちの名前を覚えたり、教材の準備を初めています。転職は5月からになりますが、最初は研修があるので、実際に自分でクラスを受け持つのはもう少しあとになりそうです。

自分の勉強のために通っている英会話は、こんな中でも何とか続けていますが、4月と5月は事情を話して、日記の宿題の回数を減らしてもらっています。英会話教室での宿題は、基本的にはいつも日記だけになりますが、それでも自分で文章を書いて、それを直してもらうことで新しい言い回しを覚えたり、勉強になることが毎回あります。

これからは子供たちに英語を教える立場になりますが、いつになっても自分が勉強する気持ちを忘れないようにしようと思います。

筆記具