日本のハロウィンと北米のハロウィン

先日の英会話では、ハロウィンの話を聞いてきました。

ハロウィンのおやつ

日本でも、昔に比べるとお店でハロウィンのデザインのおやつや小物を見かけるようになりましたが、北米ではハロウィンに向けて子供たちはコスチュームを用意し、当日は着飾って”Trick or treat!”と言って、近所の家のドアをノックするのだそうです。ドアをノックして出てきた人に、”Trick or treat?”と聞き、ほとんどの場合はTreat、ということで、キャンディをもらうことができます。子供たちはできるだけ沢山のキャンディを集めるために、大きなバッグをもってTrick or treatに出かけ、1年分かと思うほどのキャンディーやお菓子、たまに小物やおもちゃなんかをもらってくるそうです。

ジョークで、キャンディの代わりに歯ブラシを配る人もいるのだとか!確かに、それだけのキャンディを食べたらしっかりと歯磨きをしなくてはいけないですよね。日本では、ハロウィンの日に近所の家のドアをノックしてもキャンディは出てきませんが、英会話教室では10月の終わりの週にハロウィンパーティーがあります。それぞれ仮装をして英会話教室にいかなくてはいけません。ハロウィンパーティで盛り上がり、かつ、電車に乗ったり街を歩いたりしても恥ずかしくない仮装を考えなくては。

”Trick or Treat?”を先生に言った時に、Treatをもらうことができる場合と、Trick!と言われてしまうこともあるそうなので、そんな時にはみんなの前で見せるTrickを用意しておく必要もあります。楽しみだけど、ドキドキ、だけどみんなで英語を使ってハロウィンを楽しむ時なので、やはり楽しみです。どんな衣装にするか、そしてどんなTrickを用意するか、考え中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です