アルファベットの教え方

英会話教室にも通いながら、子供英会話教師の勉強も進めています。英会話や子供英会話教師のオンライン講座などで、仕事以外の時間がだいぶ忙しくなってますが、充実したプライベートをすごしています。大人になってから英会話教室に通い始めた私は、ABCは大文字も小文字も知っているものとしてレッスンが進んでいます。

しかし、子供に英語を教える際には、年齢にもよりますが、基本的にはABCの文字はまだ全ては知らないものとして教えていきます。ABCの文字を教える時には、Aはエー、ではなく、Aはア、とそれぞれのアルファベットの発音を教えていきます。Aをア(さらに精密にいうとアとエの間のような発音)と教えることで、後々英語を読むときに、新しい単語でもスペルを追うことで自分で英語を読むことができるようになります。実際に全てのアルファベットがどんな発音を持っているのか、ABCカードを使って自分でも復習してみました。

日本語を勉強している外国人からすると、日本人はひらがな50音とカタカナ50音、アルファベット26文字x2(大文字と小文字)、そして漢字を使いこなしていてすごいと言われたりもしますが、英語はたったの26文字でも、大文字と小文字があり、さらに、文字の名前と発音が違うので、覚えることが沢山あることには変わりないなと、発音を復習しながら思いました。

それでも確かに、アルファベットを名前ではなくてひとつひとつの発音がどうなるのか知っていると、英単語も読みやすくなり、さらに正しい発音にもつながるような気がします。いつも英会話教室でしゃべっている英語も、このアルファベットの発音に気を付けながら話すようにすると、自分でも何となく発音が前よりもスムーズになったように感じることができました。子供英会話教師の講座も、ためになるだけでなく、楽しませてもらっています。

ABCcard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です