英語の長文はどうやって読んでいく?

英文を読むときの一番の難題が、わからない単語が多すぎることから、文章全体を100%理解することができないということです。なのですが、最近、英語の本や長文を理解するコツをつかんできたように感じます。

以前は、わからない単語が出てくるとその場でひとつひとつ調べていました。ですが、その方法だとまたすぐにわからない単語が出てくるので、落ち着いて文章を読むことができないことに加え、一度調べた単語の意味が思い出せず、またもう一度同じ単語の意味を調べる、なんていう要領の悪いことをしていました。

この方法では、正直文章どころか、本やそのトピック全体を理解するのが難しいです。そこで、一度調べた単語はまた調べることがないように、書き出すことにしました。また、わからない単語が沢山ある時には特に、そこでいちいちつかえていると文章を理解しにくいので、まずはひとつのページをざっと読み、その時にわからない単語だけをざっと書き出します。そして、1ページの中にあったわからない単語をまとめて調べます。調べた単語の意味は必ず書き出します。

私は、大きめのふせんに書き出して、そのページに貼っています。わからない単語をすべて調べたところで、もう一度文章を読んでいきます。わらからない単語は、思い出せなくてもふせんに書いてあるのですぐに確認して理解することができます。ここでは、長文を理解することを目的にしているので、単語を覚える、という作業はしていません。なので、わからなければ、ふせんを見ていつでも確認します。

そうする中で気づいたのが、ひとつの本やトピックを読んでいると、同じ単語がよく出てくるのです。別のページで同じ単語を調べることもありますが、繰り返しこの作業をするうちに、よく出てくる単語は調べなくても思い出せるようになってきたのです。これができるようになると、辞書をひくのも、本を読むのも楽しくなってきます。英語の長文読解が苦手どいう人におすすめです。

付箋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です