北米でのバレンタインの話

今日はバレンタイン前の最後の英会話レッスンでした。ということで、英会話のネタにもなるので、小さいなチョコレートをもって行きました。すると、なんと、レッスンでは私もチョコレートをもらうことができました!(もちろんギリですが苦笑)

日本では、女性が男性に告白する日として、ギリも含めて女性から男性にチョコレートを渡しますね。しかし、北米では、男性から女性にチョコレートを渡したり、花束を渡したりするそうなのです。バレンタインの日に男性から花束なんてもらえたら嬉しいですね。女性の私は、バレンタインには北米に行きたい!なんて考えてしまうのですが、男性である先生は、日本にいれば女性からチョコレートをもらうことができるから日本の方がいい!と言っていました笑。

バレンタインは、誰にチョコレートをあげるかは日本でも人それぞれかもしれませんが、私は男女関係なく、中の良い友達に小さなチョコレートをあげたり、お世話になっている上司や同僚にもギリチョコを用意したりします。友達や同僚も同じような感じなので、友達から小さなチョコレートをもらうこともあります。誰かに小さな何かをあげて幸せをシェアできる日。気持ちも思わずほっこりしますね。

チョコレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です